海と船を学ぶ自由研究イベントレポート!

新着情報

2019年7月30日
こちらで受付です。

お天気にも恵まれ、7月28日マリーナに5組、15名の参加者の方々にお集まり頂きました。

まずはマリーナのお仕事の説明、須崎湾を利用している船の紹介、船の交通ルール、水辺での事故を防ぐための3つの備え(離岸流の仕組み)などを学びました。

次はお待ちかねのクルージングの準備へ入ります。

まずは本日ご乗船頂く、サブリナ号の出艇準備からご覧いただきます。日頃見る機会がない光景に、皆様興味津々です!親子で釘づけです!!

最初は須崎湾内の工場や施設、停泊中の船のご紹介や説明を聞きつつ、「梅原晴雲堂」の葛カップでひんやりお腹も満たされて・・・(この葛を使った氷菓は、現在通常のクルージングでお出しさせて頂いてる、ヨシノマリーナ特別バージョンのものです)

途中スピードを上げての走行では、ちょっとしたアトラクションの様な気分を楽しんで頂きました!

津波防波堤を抜けてすぐ、沖合に大きな船を発見。キャプテンがそこをめがけて進みます!なんと、海上保安庁の巡視船「とさ」がいました!これには参加者の方々大興奮!とっても近くから見ることが出来ました。

波も穏やかで、前半ゆっくりとご堪能頂き、後半少し駆け足のクルージングになりましたが、無事帰港です。

時間を少しオーバーしましたが、ご堪能頂けたようでした♪気分が優れないかたも出ず、何より楽しんでいただけたようです!良かったです!

あっという間の2時間でした!最後はマリーナキャプテンからの修了書をお渡しさせて頂きました。協賛のトヨペット様からは素敵な工作のプレゼントもあり、親子で日常ではなかなか体験できない時間をお楽しみ頂けたようで何よりでした!

須崎湾には日本が誇る企業や工場があり、国内有数の港であるという事をもっと沢山の方に学んで頂き、少しでも海や船、マリーナに興味を持っていただけたらと思います。船から見る日鉄鉱業の石灰石の積み出しや、工場などの須崎湾の風景はとっても迫力があり、日頃陸から見る風景とは全く異なっていて、大人も子供も興味津々の表情でした。

次回また皆様とお会いできるのを楽しみに、更にグレードアップしたこの企画をご体験頂けるよう、構想を練っていきたいと思います♪お楽しみに!

今回ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!是非次回は今回コース外だった横浪半島のクルージングやフィッシングでも、須崎の海をご体感ください!お待ちしております。

担当…あっきー

Tweet